締め切り地鶏

締め切り地鶏とは、どこのピザ屋さんだか忘れたんですが、「マヨネギ地鶏」というメニューがありまして。地鶏の部分が地獄に見えると言うネタです。そしてそのピザは結構腹にたまるので、食いきるのは地獄です。そんな感じなのです。

いやまじで。構想5年の執筆3年の本か、構想2時間執筆1週間の本がメイン戦場だったので……。しかもコピ本。

知らないって怖いっすね。冬コミ前のオンリーってキツい……。っていうか冬コミのオフセット本の戦いは11月に終わるのね……。私ってホント馬鹿目まどか。

というわけで、オンリーで出す新刊2本の入稿が終わったあとも、冬コミ向けの作業を死ぬ気で進めております。いま白い耳毛猫が現れたら多分契約する位に地鶏。

マドカミ町奇譚のサイトで次回頒布物のサンプルを掲載しています

若輩サークルなので、宣伝宣伝f(^^;

マドカミ町奇譚のサイトで、「もう何も怖くない3」および「コミックマーケット81」向け新作の一部抜粋をした立ち読み版を公開しております、です。

読んでみていい感じだったら、是非手に入れていただけると嬉しいなって。
Web立ち読み: 新たなる世界の片隅で1 フロマージュとチーズケーキ(改訂増補版)
Web立ち読み: 新たなる世界の片隅で2 はっぴぃばーすでぃ
よろしくお願いします。

魔まマonly 「もう何も怖くない3」オフセット分入稿完了&配置 B-02に決まりました

直接印刷所の窓口で入稿してきました。これで売るものがない!というのは誤配がない限り避けられたはず……

そして配置がWeb上のサークル一覧にて発表になったのですよー。B-02らしい。こちらはちゃんとマミさんゾーンに配置の模様……はいいんだけど、近隣が有名な人(というか、佐倉がファンの人)だらけなので、はわわわわーなんですが!

っていうか、文字だけサークルでホントスミマセン……と思いつつ、自分の本は読んでもらいたいというこのジレンマ!

というわけで、最新情報は マドカミ町奇譚公式サイトにて随時更新中!

悩ましい

しかし、原稿というものは文書だとしても、絵だとしても直そうと思えば永遠に手を入れ続けられるという意味で恐ろしくもある。(伝聞情報を含む判断)

まあ、それ以前に大変簡単な間違えが多すぎますが。佐倉の場合は。というかそこは校正者じゃなくて作者が見つけるべきだろう的な、そもそも最初にそう書いているのがおかしいよね的な。まあいわゆる、ひらがなに開きすぎるとか、句読点忘れとか、そういう感じの間違えなんですがね……。もっと頑張りましょう>佐倉

はわわわわー

と言うわけで、あらためてちゃんとした(?)記事に。

11/27「もう何も怖くない3」 参加確定リストに載りました。ので多分参加。サークルキットがまだ届いてないので若干不安ではあります。

初のサークル参加なので、当たり前っぽい感じですが、全部新刊(オフセット2冊、コピー本1冊)の予定です。オフセットはコミックマーケット80で委託した「フロマージュとチーズケーキ」を改訂増補したものとその続き「はっぴぃばーすでぃ」です。こちらは今後も連作にする事にしたので、「新たなる世界の片隅に」というシリーズタイトルが追加になります。多分表紙込み36p仕様。コピー本はギャグSS集「魔まマのマ 鹿の巻」で、今のところ袋とじ本8p予定。

コミックマーケット81は2日目(2/30金曜日) 東地区“ヘ”ブロック−59a で参加します。→ twitcmapだとここ

上記「新たなる世界の片隅に」の1,2と、新刊としてその3「新しい世界の私(仮)」を頒布予定です。コピー本「魔まマのマ 鹿の巻」は完全限定生産なので、余ったらあるかも。そしてネタがあれば、「魔まマのマ 暁の巻」も、出るかなーどうかなー(と言って自分の首を絞める)

っていうか。ある意味予想通りというか……杏子ゾーンに配置されている気がしないでもない……ペンネームェ……

この冬のイベント参加予定をマドカミ町奇譚サイトに掲載しました

何となく当選が決まってきたので、マドカミ町奇譚のサイトにこの冬のイベント参加予定を掲載しました。

当初は既刊コビー誌はそのまま売って、それぞれに新刊一冊ずつ、って考えてたんですが。結局シリーズになったので、装丁あわせた方がいいよね→オフセット版にするなら内容改訂しよう→大幅改訂になってかなり違うモノにしないと(元原稿の構成が良くなくて)だめなんじゃないかな?→ソウルジェムぐぁぁぁぁぁ→魔女化寸前(締め切りきびしい)

な感じなんですが、もう意地でもがんばる。ホント今週が勝負。

の割に別に出す予定のコピー本のネタばっかり浮かんでしょうがないという微妙な逃避状態。まどかぁぁぁぁ……

速報:マドカミ町奇譚、魔法少女まどか☆マギカオンリーイベント「もう何も怖くない3」に当選(の模様)

まだ通知とか無いんですけれども……

魔法少女まどか☆マギカオンリーイベント「もう何も怖くない3」公式サイトの「参加確定サークル一覧」にマドカミ町奇譚が載っておりました。ので、多分、当選?

あらためて一覧を見ると杏子タン中心サークルに見えるよな……ペンネーム……。

というわけで、がんばろう(まだがんばっていて間に合うのか、という識者の声)

ある意味死亡フラグ

えーと……ついかっとなって。

1本目の豪華表紙込み48pコピー本「フロマージュとチーズケーキ」の改訂作業をしたりしまして。文体とか2本目以降との設定あわせとか。

(今となっては)無駄に空行がある感じのところを全部詰めてですね、本文のフォントサイズが小さくなってたりはあるんですけれども。まじめに版面設計をしてできあがってみたら表紙込み28p仕様に収まったというか、微妙に本文長が足りなくて謎の近刊案内ページがついてたりする感じになっちゃいました! 省エネ!

本編との関連性がわかりにくい、一部エピソードを削除してたりはしてますが、基本的には全部、本論の話ははいっています。全般的に見直してリライトしたけどね……。初版を買っていただいた方には申し訳ない感じで……っていうかリライトしてたら、期間の単位間違ってるところがあったり、アレがそれですね orz

というわけで、これも多分致命的な問題が発覚しなければオフセット版として出します。って言うかこの状態でコピー版を売るのはもうあまりにも非道なので受かってたら「もう怖3」に出します。っていうかコピー版は基本的に不良在庫です。

そうなると、冬コミ新刊どうすんのという話がですね……。一応プロットできて準備稿書いてはいるんだよ、一本。あと三週あれば書けそうな、書けなさそうな……。逆に小説でない本の方が思ったより書かないといけない分量が多くてですね、これが。

こうなっちゃうとなあ、正直どれぐらい刷っていいのかというか、佐倉の本がどれぐらい売れるもんなのかというか……。基本的に小説本だし駆け出しだし、出ないと思うんだけどなあ。でも部数絞りすぎて冬コミに何も出すものがないのはアレだしなあ……。

あ、余談だけど、文庫本巻末の近刊案内ネタやってみたかったんだよね。あの「おまえ絶対内容見てないだろう?」的要約とか。というわけで、近刊案内については作者が書いているのに要約がひどいのはそういう仕様ですw