タグ別アーカイブ: アニメ

PUELLA MAGI MADOKA MAGICA English Translate edition with Japanese Caption / 魔法少女まどか☆マギカ 英語吹き替え版(日本語字幕付) 感想

人生ニコ生初体験。そしてタイトルの英語は適当。

というか今記事書いている暇無いのですよ、本当は。シンフォギアとかまとめておこうと思っているけど断念しているくらいに。

が、このコンテンツは触れておかないといけない気がしたので……。

1話のみ限定公開ですが、ANIPLEX Americaによる英語吹き替え版まどかマギカを見ました。いや、絵はメディア版と日本語字幕ついている以外は同じなんですが。

ヒアリングが衰えているので、ちゃんと聞き取れてないですが、おおむね違和感ないように意訳されている模様。日本の風習に沿っている描写はそのまま、内容を変えるような方向では台詞ではいじっていないようだ。

で、声優さんはがんばってるなあ。オリジナルキャストに近い雰囲気。海外組もQB先生とかは胸が熱くなる感じだった模様。まどかは微妙と言っていた人はいたが、おおむね日本受けはいい感じ。

で、まどかパパの声がイケメン。たぶんむしろその方が違和感ない気がする。マミさんも大人っぽいんだけど、これはわかりやすさを優先にしたキャスティング、かなあと思った。

ただ、残念ながら、マミさんって大人っぽいようで子供っぽい声質って言うのは重要な要素なんだなあと再認識はした。

繰り返しになりますが。キャストの声質あわせがすごいので。むしろ回が進んでいった時の演技上の変化にちゃんと追従できるのか、追従したらどうなるのか、その辺が超知りたい。1話だけとかあんまりだ。あと杏子はどんな声なのだろうか……。

歌周りは(少なくともこのバージョンでは)日本語でした。というか原曲のママ、テロップも日本語というか英語版スタッフ無視だよね……。でもバラの魔女の手下のロリ声ひげおじさんのドイツ語は、英語版キャストがドイツ語で吹き替えてあった!なんだそこのこだわり!

そのあと日本語版聞き直したけど、思ってた以上に日本語キャストの声が低かった。思い込み怖い。でも声質が似てるのはたぶん確か。あと、効果音とか、飲食時のノイズとか、はっとする声とかはオリジナルよりも大きめだったなあ。この辺は視聴者の特性に合わせたのかしら?

全然関係ないけど、自作の間違えをこんなところで見つけてしまった……。どうしても一カ所だけ言い訳もできないところがある気がするけど、まあ、そういう世界なんだよ、キバヤシ!


まどかマギカBD完全生産限定版 第5巻 および付属 CDについて

久しぶりにネタバレ記事。

まず(さすがに時期的に)ネタバレでない内容から。

9話、そして伝説の10話収録なんですが……、毎度言っているように佐倉はこんなペンネームですが、杏子タン押しではないのですよ、ごめんね。でもね、杏子タン押しの人の気持ちが完全にわかったと思う! 本放送時はまどかの心情(そしてほむらの心情)を追うのが精一杯だったし、実際それしか追ってなかったので気がつかなかったけど、杏子タンやばい。確かにこれはヤバい。なんだろ。すごく男気があるのに、女の子っぽいの。ものすごくかわいい。

いやほんと、こうすべての名前のある登場人物に好感が持てる作品というのは本当に珍しい……

あと、恒例のうめてんてー4コマ右側、五コマ目があったら絶対に 「QB『それが君の望みだね? 鹿目まどか』」ってなるよ、マジで。あとウメス公式4コマのまどかは天然の黒さで安定してるので大変よろしいです。

というわけで、以下CDのネタバレ! 聞いてから見てね!


アニメアイドルマスター#4 「自分を変えるということ」

ニコニコ民なのと、コミケ進行と諸々で、全話解説は無理であった……

一応抜けなく見てはいます。

最初は絵に癖があって「まるでアイマス同人誌のようだ(失礼)」と思っていたOPもなれた、というか、ちゃんとアイマスだなあと思ってきた。多分楽曲のせい。

例によって気がついたこと箇条書き

  • なぜ、はるちはがエプロンドレスではないのか?(まあ、それはそれで千早が抗議するので尺が足りなくなる気はする)
  • 素朴な疑問として。マイナーなCATVの独自番組で大きなスタジオ押さえてスタジオカメラで撮るかなあ? いや、自主制作しているようなCATV見てないからアレだけど。勝手なイメージだと、外ロケ(ゲーム)→キッチン設備のある小スタジオで肩のせ撮影なんだけど……。というかその辺の識者はどう思いまする?
  • 社長って伝説のPじゃないのかなあ……なんかあんまり落ち着きがないというか……ああ、順一郎氏が伝説のPで、順二郎氏はそうでもない?
  • 司会(?)のカエルが千葉繁でないのが悔やまれる。まあアイマス世界では名物Dとかが当ててるんだろうなあ……制作費の関係で。
  • 制作費と言えば、多分地上波だとこういうのはプロダクション混成だと思うんだけど(番宣絡めて)、この番組はプロダクショングロス受け受けなんだろうなあ……っていうかだとすると人選はPの仕業か……オファーに年齢の指定があったとか、そういう感じかね。
  • というか、そもそもCATVで生なんだ。いや、V編集するよりお金かからないかもだけど。リピートはないのかしら。むしろ生じゃなくて、何回か取り直している描写があるとおもしろかったかも(尺が厳しいか?)
  • っていうかCATVで局舎あるのかな? 地方局とかにしておけばいいのに……
  • Dの人、あんな格好の人いないと思うなあ(流行遅れ的な意味で) いや、あんまり偉そうな人見たこと無いけどさ。
  • 細かい話をし出すと、生(ON LINE) なのに、カメラにケーブルオペレーターが付いてないとかマニアックな話になるのでやめとく(言ってるじゃん)
  • 千早の人はどっちかというと料理得意そうだけどなあ。無印以降にそういう設定が出てきてるのだろうか……(料理得意な根拠は、歌を極めると結局体調管理に行き着くから)
  • アイマス世界のP(アニメの登場人物)より、現実世界のP(視聴者)の方がキャラを知っている不思議
  • まあ、ベテランPでグロス受けだったら無難な人選をするから、アイマス世界の番組的にはいい感じに行くかもだけど、現実世界のアニメとしては何もおこらないのでつまらないという(苦笑)
  • っていうか、春香、気にしてないよーとか笑顔で言っている割に「間違いは成功の元肉じゃが」とか明らかに千早disってるよね、黒い。(というか、そこもまた春香の経験が足りないんだな、と言うことにしておく。初めから洋風よりの和風を狙ってみました!にすればいいのにね。タレント的には)

アニメアイドルマスター#1 「これからが彼女たちのはじまり」 感想

当面、ニコニコ動画組、なので。

先ほど見ました。

どうだろう、アニメのアフレコになれてるっほい人ほど声のニュアンスが変わっていた気がする。

気がついたことを列挙

  • 真フィーチャーしすぎだろ
  • ええい、やよいを映さんか、やよいを(サイド3在住 元技術者 テム・レイさん)
  • 春香さん東海道線民なんすね……っていうか事務所が大塚ぐらいにあり、品川乗り換えとして、二時間程度というのが駅までの自転車をふくんだとすると、国府津か、鴨宮あたりか……早く事務所が大きくなって小田原経由で新幹線通勤できるといいのに……
  • せっかくなら「これから始まる彼女たちの伝説」ってタイトルにすればいいのになあ。
  • ぴよちゃん出過ぎ。あといくら人手不足だからと言って現場に事務服でいかいない方がいいと思います。
  • 社長はマミさんショット処理か……。まあ、アニメというメディアだといわゆるタイムボカンシリーズの「小山カメラマン方式(背が高いのでフレームに入らない)」が、まあ妥当かなあ。
  • 律ちゃん…………もうローソンのバイトはいいの? Pが2人いると話作りやすいというか、スタート時、全くPがいない状況ってのも不自然だし、まあ妥当な選択かな。
  • OPはアイマスの本編ライブ映像っぽくはないんだけど、どちらかというとアイマス2以降のデザインテイストを踏襲しているのでいい感じ。AMCGエンジェルちゃんも出てきたね。
  • 雪歩はマジカルスコップを召還する魔法少女だったか……やよいが止めに入るって言うことはマジ堀りしたことが以前にあるってことだよね。
  • 雪歩、声の感じが少し変わったなあ、と思ったら声優変更していた(のを体で自覚した)
  • 正直言ってキャラデザにすごく違和感がある。が、声とか、仕草とか、台詞回しってキャラクターの同一性を表現するのに重要なんだなあ、と思った。
  • 春香は「ドジ」なのではなくて、「どこでも転ぶ」んじゃないかと思う。だから電車のドアにゴン、はちょっと違う気がした。(箱○以降のストーリーやアイドラ系、CDドラマ系でエピソードがあったりするのかなあ……)
  • アイマス2以降のデザインは、やっぱりアニメ化を意識してたんだなあというか。アイマス初期キャラだと画面に花がなかったよな、多分。あと亜美真美が超間違えてリテイク多くなりそうだし。

総じて。これはアイマス、でいいと思うな。あとPのパブリックイメージって、ちょっと長髪気味で癖っ毛の細身の眼鏡男子なんだなあ……という再認識。P出さずに処理する道もないではないから、はっきりと画面上にPを出したのはすごい決断だったと思うし、がんばったと思う。歴代各メディアのPのように名前は付くのかなあ……


そーいえば……

おまえ、応援している作品にあげているくせに、アニメアイドルマスターの話題はないのかよ! という突っ込みがあろうかともいますが……。実はまだ一話目みられてないんですよね……。

CATVは例の地域制限のもにょもにょで、地上波完全デジタル化前日ぐらいまでTBSみられなかったですよ……。今はみられるんですけどね……BS-TBSはみられませんので、ニコニコ動画待ちでございます。

木曜深夜って言うのも微妙にハードル高いんだよな……っていうか今うちに録画設備が全くないという……。

とりあえず次回(五話?)から放送波に飛び乗って、四話まではニコニコで後追い、でも大丈夫なのかな……基本的には一話完結なんだろうしなあ……。悩む。


魔法少女まどか☆マギカ: Blu-ray完全生産限定版のキャッチコピーがなんかすごい

あ、ネタバレですけど、もう隠さなくてもいいですよね?

現在手元に第4巻までがあるわけですが、魔法少女まどか☆マギカ: Blu-ray完全生産限定版。その帯とケースのキャッチコピーのお話。キャッチコピーとかはもしかしたら通常版と共通かもしれませんけどね。

最近、メディアを買うに至るまでの作品がすごく少ない、行ってレンタルなので、最近の作品はみんなそうなのかもですけれども。昔はね、この、キャッチコピーがなんかあればいい方で、あってもなんかふにゃけてたんですよね……佐倉の記憶が確かなら。

で、まどかマギカはこうです。

  • 一巻
    • 帯:
      それはまだ誰も見たことのない、魔法少女の物語。
    • ケース:
      それは、彼女の運命を変えてしまうような出会い。
      それは。新たなる魔法少女物語の始まり。
  • 二巻
    • 帯:
      何もわかっていなかった。奇跡を望む意味も、その代償も。
    • ケース:
      あの日胸に抱いたのは、ささやかな希望と憧れ。
      訪れたのは、早すぎる別れと拭えない悲しみ。
  • 三巻
    • 帯:
      この手につかみたい未来があった。たとえ、自分を騙してでも。
    • ケース:
      少女の瞳は、手にするはずだった未来を描く。
      たとえそれが、己を騙す嘘であったとしても。
  • 四巻
    • 帯:
      自分へ課した嘘の数だけ、振るう剣先は重くなってゆく。
    • ケース:
      己を蝕んでゆくのは、自らが抱えた嘘と孤独。
      戦いは、彼女の心を浮き彫りにすることを止めない。

一応書影をつけておきます。
[amazon]B004INGZAE[/amazon][amazon]B004L7A7WO[/amazon][amazon]B004MMFTMQ[/amazon][amazon]B004P4RTKQ[/amazon]

一巻の書影とコピーをあわせてみていただきたいのですが。コピーと本編だけを見ると「彼女の運命を変えてしまうような出会い」は、巴マミ、もしくは、キュゥべえと捉えられると思うんですが。そして「彼女」=まどか、もしくは、さやかと捉えられがちだと思うんですが。実は「暁美ほむらの運命を変えうる最初の(そして最後の)鹿目まどか」との出会いではないのかと思うのですよね、実は。

二巻はまどか、とも、さやかともとれる内容。二巻の帯の「代償」って、この時点で描写されているのは「負ければ死ぬ」ぐらいなんだけど、それどころではないは皆さんおわかりですよね、もう。

三巻四巻はさやかに話がフォーカスしたいわゆる「魔法少女さやか☆マジカ」編なんですが。コピーで(本編で直接描写を避けている)本質を書いてしまっていいのか!というこの驚き。特にケースのコピーは、さやかだけではなくて杏子にもちゃんと当てはまるんですよね……杏子って、利己的に振る舞うことを自分に課すことで心のバランスを保ってきて、自分の原点のような、そして、自分よりももっと不器用なさやかに出会うことで、その「自分のルール」ですら自己欺瞞的であることに気がつかされていくという。

あ、ついでにパッケージイラストの件について。三巻までは、中身とある意味無関係な「魔法少女モノ♡」を装っていたパッケージが、ついに四巻にいたって中身を反映したシリアスな方向に行きましたねえ……とおもいつつ、まどかついに描かれなくなったか……と一瞬思ったら、ちゃんといるのですよ。ほぼ背景だけどw さすがまどかさん抜け目ねえっす。


魔法少女 まどか☆マギカ 最終考察 その7 FINAL

もうさすがにファーストインプレッション考察をするには世の中に情報があふれすぎているのでアレなんですが……

今回は最終回として、作品そのもの、というよりはいかにしてこの作品は売り出されていったか、を書いて、それでいったん終わろうと思います。サブキャラ篇はちょっと書くと長くなりそうなので、またの機会に。細々としたネタ的な落ち穂ひろいものはできるだけ盛り込む方向で……

いずれにせよすべてのメディア版がそろった時点で多分再考察します。というわけで全然最終じゃねえよ、すんません。

一応ね、佐倉として大まかな感想を。
メジャータイトルにはまることはあんまりないんですよ。実は。しかもオンタイムにはまることはほぼなくて、メジャータイトルにはまったときにはすでにコンテンツが終結していてとか、そういう人なんで。

前例としては、アイドルマスターがあるけど、自分はAC中期からの人なので、やっと周辺グッズが出てきたけどクオリティーがむにょむにょとか、コミケには島がないので3日間、会場中をかけずり回っていろいろなサークルの薄い本を探したりとか、あんまりメジャーな気分ではないんですよねー。余談だけど、その頃の本はほとんど健全本だったのもあるし、本当に好きな人がかいてるので労力かけるかいがすごくあって、楽しかったなあと。まあ、あのコンテンツは微妙に生活に食い込んでくる仕様とかいろいろあるのでちょっと別格にしておいた方がいい気はします。(箱マス、ニコマス以前は特に)

で、今回は放映開始4週目に一気に飛び乗ってそこからはオンタイム、幸い(というか後述するけどおそらくもくろみ通りに)大ヒットなので、なんかね、こんな体験はすることはないと思ってたのに不思議な気持ちですよ。

二次創作とかしたいと思った作品は(何となくこんなシーンがみたいと妄想するんじゃなくて、もしくは、オレならこう作るではないオリジナルにできるだけ寄った構想で、プロットレベルまで完成したというとこまで条件を満たすものは)人生初めてなので(苦笑)
個人的にもこの作品に長くファンとして関われていったらなあと思ったりします。

さて、今回もよい子のお約束。
放送を全話見ていない人にはネタバレです!

以下ネタバレ


魔法少女 まどか☆マギカ 考察 番外編:完全生産限定版1巻目、 3巻目付属CD

嘘つき佐倉羽織ですこんばんは(苦笑)

まだいろいろ作業中でそんな暇はないはずなのですが、例によって逃避行動で、Blu-ray完全生産版付録ドラマCDを聞いたんです。はい、聞いてしまったんです……。

これ、最終巻出るまで言及しないのは酷だなあ……とおもったのでまたもや予定を変更して思ったことを書き留めておきます……。いろいろスンマセン。

以下、完全生産限定版1巻目、 3巻目付属CD聞いていない方にはネタバレです。完全生産限定版連載のウメ先生四コマにも若干言及します。さらに本編を全部見ていないとネタバレです。(前提多いな)


魔法少女 まどか☆マギカ 最終考察 その6

まあもうかなり今更感が強い、まどかマギカ考察でございます。
なんだかこう、公私(しかも私の部分もサークル的なものとほんとに個人ワークの部分と生活の部分と)が同時に忙しくなると言うなんだこれは状態で、目の前にQBがいたら契約しそうな勢い……。

というか、原稿の合間の気分転換にブログ書いてるとか、ドンだけ文書ジャンキーなんだ……

一通り全部見た上で、色々考えたりしたことをまとめてみるテスト。
長いので、これからいくつかの記事に分けて書いていこうと思いますの第6弾。

今回はキャラクター別の考察、の第三回。ほむらとまどか。
今回、まどか篇で作品総括に近い内容を書いてしまったので、次回はもうちょっと俯瞰から、作品そのものよりも、いかにしてこの作品は売り出されていったか、を書いて、それでいったん終わろうと思います。
そして、微妙な表現で申し訳ないですが、もしかしたら番外編として、サブキャラ篇および、細々としたネタ的な落ち穂ひろいものをやるかも?
いや、なんか書くべき事はある気がするので……

いずれにせよすべてのメディア版がそろった時点で多分再考察します。というわけで全然最終じゃねえよ、すんません。

そして今回はめっちゃながいです。なんだこの長さって言うほど長くてすみませんm(_ _)m

さらに余談ですが、マミさんが重要なことを二度言うディスクをメーカーに返送するために、コンビニのJK店員の前で伝票に「魔法少女」と書くプレイが想像していたよりも精神的ダメージが大きかったです……。いままでリコールとかにぶち当たったこと無かったからなあ……。

あと、最後にもう一つ。
この考察をもって私、佐倉羽織は巴マミ派から、鹿目まどか派、しかも、本編前TL、二次創作の邪心まどかも含み、すべてのまどかを肯定する∀まどか派へと、自認を変更させていただきます。(いや、放送終了時にそうなってたんですが、ちゃんと書くまでは的な→声優の結婚宣言かいな)
いや、マミさんも超好きなんですよ。っていうか今手元にある薄い本は、マミさん健全本しかないし。
でもそれを超えたね。まどかすごすぎる。一応念のため書いておくと、ピンク毛の主人公スキーだからではないのです。結果としてそうなる運命なのです(謎)

さて、今回もよい子のお約束。
放送を全話見ていない人にはネタバレです!
メディア第一巻付属CDドラマネタも、あります(軽微)ごめんなさい。でも多分読んでも全然大丈夫。

以下ネタバレ(今回、あまりにも長くなったので2ページ目がほむら篇、3ページ目がまどか篇です)


魔法少女 まどか☆マギカ 最終考察 その5

もう全然更新時期を逸しておりますが……せめて完結させたい。
というか、すでにメディアが発売されている分についてを見返してみて解釈が深くなっている部分とかもあり、全くもって最終ではなかったなあと言う……

一通り全部見た上で、色々考えたりしたことをまとめてみるテスト。
長いので、これからいくつかの記事に分けて書いていこうと思いますの第5弾。

今回はキャラクター別の考察、の第二回。さやかと杏子。
なんか全部カップリングになっているのは意図的じゃないよ!本当だよ!

今回は、放送を全話見ていない人にはネタバレです!
CDネタは、無いはず。

以下ネタバレ